title

記念切手の査定額を決める要因と高く売る工夫

大きな催し物の開催などに合わせて発行される記念切手はコレクションアイテムとして高い人気があります。切手収集は世界的な趣味なので様々な記念切手が高額で売買されていますが、中でも記念切手は発行枚数が少なく、実用品として使われることもあるので未使用の切手は希少価値が高い傾向があります。記念切手の査定額は発行枚数の他に状態の良し悪しでも決まるので、高く売りたい場合は取り扱いに注意することが大切です。記念切手を高く売るためには未使用であることが大きな条件ですが、カビや破れなどの不具合が無いことも重要なポイントです。切手は接着剤が塗布されているのでカビや害虫の被害に遭いやすい問題があります。また、わずかでも湿気を吸うと接着剤が解けて台紙に張り付いてしまうこともあります。そのため、保管の際には乾燥した暗所に置き、虫除けの工夫を施すのが状態を悪くしないための工夫です。素手で触ると汗や垢で切手が汚れるので専用のピンセットなどを使って扱う他、日焼けの原因になる日光や強い照明も避けることを心がけます。